2008年02月23日

ロートレック展@サントリー美術館

サントリー美術館で開催中の
ロートレック展に行って来ました☆
http://www.suntory.co.jp/sma/exhibition/08vol01lautrec/index.html
しかしなんですなあ。
東京ミッドタウンという所は
マニーがないと楽しめそうもありません。
どのお店も高級そう。。。
貧乏人には近寄り堅いトコロです。むー。

気を取り直して、ロートレック。
大胆な色使いに思い切りの良い構図。
ムーラン・ルージュや繁華街を行き交う人々の
熱気が伝わってくるようでした。
ねっとりと生きてるって感じ。

作品のどこを見せたいかというのが明確で、
それとなくその部分が際立つように白抜きされていたり、
ばばんと黒が塗られていたり、
周りとは違う色でべたに塗られていたり。
見せるテクニックが秀逸でした。
時折はっとするような静かな作品があったりして、
 生きるって表舞台だけではないんだよなあ
なんて思わされます。
表が華やかであればあるほど、
それをを支える日常に寂しさが強く漂うように感じました。

表も裏も見通したロートレックという人は
どんな人物だったのでしょうねえ。

ロートレック展.jpg
posted by mono at 18:40| Comment(0) | TrackBack(1) | ゲイジュツカンケイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/86161236
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

落穂ひろい(17)最近のアート事情
Excerpt: 今日ほど美術館が一般大衆に親しまれた時代はかつてなかっただろう。詳細な統計的数字
Weblog: 国際芸術見本市(ジャパン・アート・フェスティバル)始末記
Tracked: 2008-02-25 16:57
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。