2007年09月12日

マルセロ・チスピアノリサイタル@王子ホール

マルセロ・チスピアノリサイタルに行って来ました!!
やあやあやあ。

CDで何度も聴いたあの曲が
目の前のピアノからライブで流れるってとても不思議。
ああ、この人がこの音を紡ぐ方なんだなぁと感動しました。
ライブって良いね。

チス氏、最初はちょっと緊張気味。
聴衆もお手並み見せて貰おうじゃないの!って程では無いけれども、
初来日だし、名前は知られていないし、
どんな人なのかなぁと期待と探るような気持ちが渦巻いている様子。
そんなわけで開始直後は些かステージと客席に溝があり感が否めずっ。

だがしかし。
演奏が進むにつれ、お互いの距離感はぐっと縮まり、
聴衆はチスさんが紡ぎ出す音にぐいぐいと引き込まれ、
アップテンポの連弾になったらもう、興奮の渦!!
ひゃああ〜。すってきー☆

リズム感良く、ぱらぱらぱらぱら空中に生れる音は、
それぞれが明確な姿を持ちつつも、解け合い、響き合い、
会場が音で埋め尽くされ、ああ、幸せ幸せ。
間の取り方が絶妙で、音符を伸ばした後の最初の一音の始まりが、
 ああ、こんなタイミングでっ!!いやん。
と、涎が出ちゃうような素敵な間合い。
音も明快明朗。朗らかでありながら品良く、
音の姿がしっかりとしていて、とても聞きやすい。
だから、音符の多いアップテンポな曲でも
曲の輪郭が崩れずに聞かせてくれるんですねえ。

夜の岸辺で甲羅干しをしている小さな蟹に明かりをあてた時、
さああーっと逃げるでしょ。
あの時の蟹の足みたいにチスさんの指はざぁーっと動いていました。
凄かったです。
人体の不思議を感じちゃったワ。

ああ、またライブで聴きたいなぁ。
あの間合いを感じたいなあ。
あの朗らかな音に埋もれたいなあ〜♪
posted by mono at 13:17| Comment(1) | TrackBack(0) | オンガクカンケイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。

私はGoogleであなたのブログを発見!

私はあなたのリサイタルに行って読んでよかった!

私はあなたのすべての最もよいことを祈っています。


マルセロタイス
Posted by Marcelo Thys at 2010年09月25日 15:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。