2007年08月13日

青山二郎の眼

世田谷美術館で開催中の「青山二郎の眼」展に行って来ましたぁ〜!
http://www.setagayaartmuseum.or.jp/exhibition/exhibition.html

すげー、すげー、すげー。
ほしー、ほしー、ほしー☆☆☆。

むむむむ。
うむむむむ。
骨董、骨董、また骨董。
器、器、また器。
あああ、こんなモノラバな展示はなかなかないざんす。
もえー。あげー。

私に骨董の知識があればもっと別の角度から楽しめたかもしれませんが、
そんな知識がなくとも良いものは理屈抜きで美しい!!
上野の博物館に鎮座ましましている器も貴賓が溢れていて良いけれど、
世田谷のはもっとしみじみしていて、
心にじんわりと染みました。


中国古陶磁や朝鮮の陶磁器はそれはそれは素敵だけれど、
私は唐津や志野が好きみたい。
ああ、織部も素敵だったなぁ。
まあ、嗜好はその都度変わりますからね。

様々な種類の陶磁器の骨董が一箇所で見ることのできる豪華な展示でした☆
陶磁器がお好きなら是非ご覧ませませ!





posted by mono at 12:31| Comment(0) | TrackBack(2) | ゲイジュツカンケイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ジャパン・アート・フェスティバルを知っていますか?
Excerpt:  ジャパン・アート・フェスティバルを知っていますか?   それは、1960年代半
Weblog: 国際芸術見本市(ジャパン・アート・フェスティバル)始末記
Tracked: 2007-08-13 12:02

第三部 エピローグ(おわり)−ゆめまぼろしの四十年
Excerpt: ・ゆめまぼろしの四十年  今、こうして四十年余の昔を振返るとき、その時間の永さと
Weblog: 国際芸術見本市(ジャパン・アート・フェスティバル)始末記
Tracked: 2007-08-13 12:03

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。