2007年07月24日

海中で酸素バルブを閉めたのぉっ??

沖縄の辺野古で起っていることは、
遠い何処かの海で起っている、
私達の生活に関係のないことに思えるかもしれない。

でも、たまたま私たちの住まいが辺野古にないだけで、
その災いが今度は自分の身に起ったら?

非武装のダイバー1名が、海中で座り込みをしていたら、
基地建設関係の作業ダイバー2名に羽交い締めされ、
酸素バルブを締められました。
なんとか逃げたから良かったけど。
これ、沖縄ではニュース番組で取り上げられています。
http://www.qab.co.jp/01nw/07-07-22/index.html


この殺人未遂事件で見えてくることがある。

政府関係筋は、己の思惑を進めるために、
当然のように非合法なことをまかり通すということ。
そのことに対して、恥じる気持ちがないということ。
そして、そういった事実を
私たちは知らされていないということ。

国は、国民を守ってなんかくれない。
国のお偉いさんが望むことの為には、
人の命に重さなんてない。
都合の悪いことに関心を向かせないように、
私たちは無関心を教育されている。

このまま傍観していたら、
いつか、私たちの生活の上でも、
非合法で非情な出来事が日常的に起る可能性がある
ということに気が付かなきゃ。

辺野古で起っていることは、
遠い海で起きている出来事ではなくて、
私たちの未来に直結している。


今回の選挙、良く考えて投票してね。
今、日本は岐路に立っているのだから。。。
美しい国なんて言っているけど、
そういうカレラが国民の見えないところで
非情な指示を出しているということを考えて。

ワタシは最近、とても悲しい。


辺野古基地建設反対署名を呼びかけるサイト;
http://nobasega.aikotoba.jp/


posted by mono at 13:27| Comment(0) | TrackBack(1) | peace | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/49062613
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

殺人(未遂)現場
Excerpt: 衝撃的なタイトルでお騒がせして申し訳ありません。 沖縄辺野古の海は、米軍すら「何もそこまで」といった雰囲気の中、日本政府は威信をかけてこの沖につくるのだ、と反対運動に対して、非常な圧力をかけてい..
Weblog: LOGOS-喜びを分かち合い、悲しみをともにするために-
Tracked: 2007-07-25 11:32

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。