2007年02月08日

words from Ryota Aoyagi

耕す


みなさん、どうでもなんでも良いんですよ。
なんでもありと、自由は違いますが。
僕たちは皆、死んでいきます。
限られた時間を生きています。
その逃れる事の出来ない運命を僕たちは共有しています。
この世には救いも地獄もありません。
何もありません。
それでも、この土地を耕しませんか?
今あるこの時間とこの空間を豊かにする為に。
少なくともここにいる間は。


青柳龍太


////////////////////////////////////

「ここにいる間」の後、青柳さんから届いた言葉です。
素敵でしょぉ?
ワタシ一人で読むのはもったいない。


青柳さんとの対談
耕す

Act 3 ここにいる間
react1 f r o m h e r e
Act 2 空想と現実
Act 1 IT

フンデルトヴァッサー
posted by mono at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲイジュツカンケイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。