2008年08月11日

品位とは

アノヒトは品がないなんて事を耳にした。
トコロで、品とは何?


wikipedia 品位より抜粋
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%93%81%E4%BD%8D_(%E4%BA%BA%E5%93%81)


品位とは、気品や品格、人品などともいい、
個人ないし特定の団体が、礼儀や節度や人徳、気高さに富む様をいう。
またそうした、品位の保持は
人々より尊敬或いは信用を受けるとされる。

品位とは特定の作法やマナーなど立ち居振る舞いを
厳格に定める価値基準も存在するが、
基本的にはきわめて観念的な国際的価値観であり、
国際的な権威あるマナー・プロトコルなど
一位の行動基準を共有する外交や通商の場の他は、
それぞれの国や習俗により差異もあり、その価値観も一定ではない。

いずれにせよ、身だしなみや言葉遣いはもとより
ルールやマナー(作法を含む)、立ち居振る舞い、
他者や周囲への気遣い・気配りなど
日常的な自律的行動が
品位の醸成につながるとされることは確かである。

最終的には個人の心がけによるものである。
また、身だしなみやマナーや行儀作法の修得といった
外面的な修練も品位には欠かせないが、
基本にあるのはむしろ内面にあるといえる。

例えば、落ち着いた態度や節度、言葉遣い、他者や周囲への気配り、
遠慮、謙虚さなどが重要な要素である。

外面的に品位の保持に努めたとしても、
それに相応しい行動や気配りが伴わなければ評価を受けず、
人徳が豊かであっても自己流で他者から評価されなければ
品位あるともみられない場合もある。

品位の保持とは自ずから心がけとして行うものであり、
他者に見せ付けたり、強要することは本来の様ではない。
さり気なく自然な備わる様であるといえる。





やっぱりさ、内面の豊かさだよね!
立ち居振る舞いだけ美しくったって、
内面が輝いていなきゃ、張りぼてのようなものなのさ。
他人への思いやりに溢れている人、
それが品のある人だと思います。

まあ、そもそも、こんなのやそんなのが、
品があるだの、ないだの定めること自体、
品位のある人のすることじゃないんだわ。


ああ、美しい人になりたい。

ん?
美しさとはナンぞや。
posted by mono at 12:12| Comment(2) | TrackBack(0) | デキゴト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 品位は行動と心性において表裏一体のものです。顕幽一如と言ってもいいでしょう。

 品位の世界では、品性を身に付けた者による主観による差別が成り立ちます。清濁合わせ飲んだなら、清いものまで濁ってしまうことをお忘れなく。

 生まれを差別する事は四民平等を定めた憲法にも違反しますが、品性によって人を差別する事は社会の民度を維持向上させるために必要な社会正義です。生まれは自分自身では選択できず競争も出来ない要素ですが、育ちは自分自身であらゆる措置を講ずることが出来る自由競争の世界だからです。
 天は人の上に人を作らず、人の下に人を作らず、の言葉がしばしば引用されます。この言葉の意味は、これからは競争参入への機会平等が確保された時代になるのだから、あらゆる分野で競争しなさい。競争によって人の上下が定まり、それは全て自己責任。というものです。

 品位を身に付ける人生競争から逃げた者の、見苦しい言い逃れですね。

>やっぱりさ、内面の豊かさだよね!
>立ち居振る舞いだけ美しくったって、
>内面が輝いていなきゃ、張りぼてのようなものなのさ。
>他人への思いやりに溢れている人、
>それが品のある人だと思います。

>まあ、そもそも、こんなのやそんなのが、
>品があるだの、ないだの定めること自体、
>品位のある人のすることじゃないんだわ。


 品位ある立ち居振る舞いは他人を心地よくさせることをよく勘案して、この項を起稿すべきでしたね。


*「確認」ボタンを押したにも関わらずコメントの反映ががなされてしまっています。どのような機能になっているのか判然としませんが、可能であれば前2件の削除をよろしくお願いいたします。
Posted by 左中間 at 2008年08月13日 13:44
スミマセンっ!
コメントを頂いていたのに、全然気が付きませんでした。失礼しました。
最初の2件、削除しておきました。


>品位ある立ち居振る舞いは他人を心地よくさせることをよく勘案して、この項を起稿すべきでしたね。
あら、失礼致しました。
お気に召さなかったご様子。(T-T)

この記事は怒りの心持で書いたものなので、多少お読み苦しい部分もあったかと・・・。
こちらの心情も鑑みて頂けたら幸いでございます。
なんて、あれだけの文章ではこちらの心情など伝わらないですよね。

以後、気をつけます!


Posted by も at 2008年08月22日 22:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。