2007年12月28日

暖房が温かかったし

忘年会の後。
電車に乗って、乗換えて、途中から席にも座れて。
あと一駅で自分の駅だぁ〜。
と思ったらちょっと眠くなって。
目を覚ましたら次の駅に着いていて
人が降りているから私も降りたんだけど。

一駅乗り過ごしていたっ!! ガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!!!!

既に上りの電車がなかったので、
仕方なく一駅タクシーで帰りました。

「一駅ぐらいならまだ良いじゃないですか。」なんて仰る
タクシーの運転手さんの嬉しそうな横顔が忘れられないワ。
ちぇっ。
posted by mono at 13:27| Comment(0) | TrackBack(0) | デキゴト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月26日

めりくり〜!

23日は毎年恒例、子供会のクリスマス。
今年で20年目かなぁ。いや、既に20年越えたかもねえ。
子供の頃から始めたから「子供会」なんだけど、
今やメンバーはもう大人ばかり。。。
一番若くて30歳?? はははっ。
子供の頃からの付合いだから気兼ねがいらないのが良いですね。
基本的に顔を合わせるのは年に一度。
そんな訳で話題は尽きず。
気が付けば夜中の12時回ってる!
楽しい一時でございました。


さてさて。
例の「モノとハシゴクリスマスイヴ礼拝」
本当はモノの部分には私の名前が入るんですけど、ここでは内緒。
24日、イヴ礼拝のハシゴをし、
途中で支那麺はしごで坦々麺を食すという、
礼拝のハシゴと、ラーメン屋の店名の"はしご"が密かに掛けてあるんですヨ。
まあまあ。そんなイベント開催!


一応アチキはクリスチャンなんです。
あまり教会に行かない不届者なのですが、
そんな私が欠かさず参列する礼拝といえばクリスマスイヴ礼拝。
お祭りっぽくって、華やかで、子供の頃から大好きでした。
キリストの誕生の意味や、世界の虐げられた人々の事を考えると、
ただ浮かれるていてはいけないと思うんだけど、
それでもやっぱりうきうき。

今年は24日が振替休日なので身近な友人知人を誘って
礼拝に一緒に参列しようではないかと声を掛けたなら。
途中参加も含めて、最終的には12名に!うおおおっ。
この日の礼拝は混むので、この人数で座れるかどうか少々不安が。。。


15:20まず教会の最寄り駅に集合。
都内某所にある、病院に併設されたチャペルへ。
荘厳なステンドグラス、高い天井、石で組まれている壁、アールデコ風の内装。
イヴ礼拝には看護師さんがちょいレトロなナース服を着て、
キャンドルを持って祭壇に参列するのです。
病院に併設されているチャペルならではの礼拝だし、
今年が最後のクリスマスであろう方、生れたばかりの新生児、
人生の様々な岐路に立つ方々に思いを馳せる機会にもなります。
礼拝が始まる30分前に着いたにもかかわらず、既に1Fは満席。
2Fへ移動、席確保。
ああ、良かった。
パイプオルガンや聖歌隊の音色、
日の暮れと共に移りゆく、ステンドグラスから漏れる光の変化、
荘厳な造りの建物に包まれ、しばし気持ちを落ち着かせ礼拝に参列。
やはりここの礼拝堂は素敵です。
式の最後には理事長のご挨拶もあって、厳粛な気持ちに。

071224_2.jpg


17:30支那麺はしごにて段々麺を食す☆
11名がカウンター席にずらりと並ぶ姿は圧巻。

18:30次の教会の最寄り駅に到着。
人が多いっ!!
もしや、皆イヴ礼拝に参列か?と思いきや、
東京タワーのイルミネーションを見に来る人達でした。ああ、びっくり。
無事席を確保し、イヴ礼拝の始まり。
ここの教会は比較的前衛的で、最初の礼拝とはちょっと雰囲気が違います。
ソプラノソリストさんによる独唱や、
聖歌隊指導者と聖歌隊による奉唱やヴァイオリンによる演奏。
説教にしろ雰囲気にしろ全体的に現代っぽい香りが。。。
これはこれでなかなか興味深い。
でも教会が初めての人にとってはイメージが違うかも。
礼拝も色々あるんですよ〜。
最後の一名が無事合流し、私たちは12名の団体に。

20:00頃、礼拝が終わり、折角近くなんだからと、
東京タワー方面に足を伸ばしました。が、人多すぎ!!
ちょっと離れた処からタワーとツリーを眺めるだけでも
それなりに満足、満足。
東京タワーがこんなに人気があるとは知らなかったワ。

071224_3.jpg


20:30打ち上げを兼ね、ドイツビールのお店へ♪
クリスマスイヴに12名の団体ってちょっと不思議だけど、
そんなことはお構いなく皆で陽気にグラスを掲げ乾杯!
ソーセージ、美味しい♪(*^^*)
しばし歓談の後(モノラバ楽団のリーダーのオヤジギャグ炸裂)プレゼント交換☆
楽しいねえ。うきうきだね。
一人千円前後の「コートのポケットに入る大きさの物」を
各自用意してきたので、お店のコースターを使いシャッフルシャッフル。

私が準備したサンタとスノーマンのミニこけしは、
モノラバ楽団のhanaちゃんの手元へ。
このスノーマンってhanaちゃんに似ているから、
当って欲しいと願っていたのです。
祈願成就。
私は、一番最後に加わったりっちゃんのお菓子セットが当りました☆
余談ですが。
その当ったお菓子の一つ、
M&Mのプラスチックの人形に入ったチョコを電車の車内で開けたら、
数粒ぱらぱらっと飛び散りまして。。。
恥ずかしいったらありゃしない。
家まで開けるのを我慢すれば良かったんだけどねえ。
何はともあれ。
それぞれにプレゼントが行き渡りまして、
子供の頃に帰ったような気分。

071224_4.jpg


22:20お店を出て、皆で記念撮影をしてツアーおしまい。
楽しかったなぁ〜。
それぞれが知人のような、会ったことがあるような、ないような
そんな微妙な関係の集まりでしたがとても盛り上がりました☆
ヨカッタ、ヨカッタ。
また来年も??
24日が近づいたらまた何か考えましょうかね。

メリークリスマス!


posted by mono at 13:27| Comment(0) | TrackBack(0) | デキゴト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月21日

2007年総括

こんにちは〜。
ご無沙汰しています。
生きてます大丈夫。
元気デス☆
忙しいって程でもないんだけど、何となく気が乗らなくてね。
そんな時は無理しないのが信条。
そのうち復活しますから、ご心配なく。
いつものことです。ええ。

いやあ〜、今年もあとわずかですね。
どうでしたか、一年。
私はね、あっという間ではあったけれども、
思い返すと色々ありました。
 春のモノラバ音楽祭
 沖縄での南跡&辺野古訪問
 ご年輩の方をお連れしたアメリカツアー
 テケスコ@フラスコ
 合唱コンサート
定期的に行事があって、
こう考えてみると忙しい一年でしたねえ。
来年はもう少しゆっくりと過ごしたい。
と、いつも思うんだけど、
なんだかんだと毎年こんな感じです。


最近ね、Wii&Wii fitを購入いたしまして。
日夜、バランスボードなる板の上に乗って
右へ左へ怪しく体を動かしています。
端から見たらみっともないでしょうけど、
やっている本人は大まじめです。
年末年始は板上の人となって、
ナイスバデーを目指したいと思いますっ。


あ、そうそう。
先日、モノラバ楽団の打ち上げ&忘年会&フランスツアー報告会がありまして。
ちょっと顔出してよ〜☆なんて誘ったテケスコーズのメンバー2人を前にして、
 来年もモノラバ楽団、頑張るぞ〜!
なんて円陣を組む形で手を前に出したんです。
最初二人はちょっと躊躇していたんだけど。
 ほら、手を出して〜
なんて促したら、
ものの見事にブービートラップ、
いいえ、モノラバ楽団員の一員として、オー!なんてかけ声を出したりして。
これで、この二人もメンバーに☆
と、認識しているんだけど、そうですよね、お二人さん。
まあ、モノラバ楽団だから何事も適当ですので、
あまり難しく考えずにご参加くださいな。
ウオジュンさんも帰ってきて、また賑やかになりました。
来年も楽しみましょう!


もうそろそろめめたんが来て一年が経とうとしています。
今やめめが居ない生活なんて考えられないというくらい、
しっかりと我家の一員に。
一員というよりも中心ですねえ。
時々驚くようなことをしでかすのよね。
この前なんかはさぁ〜、ベットに寝ていたんですよ。
そうしたら、トトトトって階段を降りてくる音がして、
タタタタっとリビングを横切り、寝室まで助走して、
ベットに大ジャンプ、そしてもう一度大きくジャーンプ
で、私の顔にドスンと着地!!
ぐええええ〜っと唸るワタシ。
もう、止めてよねえ。
そんなイケズでも、やっぱり可愛いんデスよ。(*^^*)


あー、そうだ、そうだ。
突然ですが、業務連絡。
24日は15時20分集合です。
ポケットに入るぐらいの大きさのプレゼントを用意することになっています。
千円前後でご準備ください。


最近美術館に行っていないの。
ああ、美のエネルギーを心と体にに注入せねばっ!
no art no life!
お勧めの展覧会などありましたら、ご紹介くださいまし。


沖縄やアメリカの教会に行って思ったのですが。
詳しく書こうとすると長々とした説明が必要だから割愛させて頂いて、
感じたことだけを書くけど、
 自分一人が動いても何も変わらないと諦めるのではなく、
 小さな私だけれども、微力ながらも行動すれば、
 それが巡り巡って、大きな流れとなり、
 動くはずのない事柄を動かす力となる。
 だから、無関心でいるのではなく、
 自ら求めて関心を寄せなくてはいけないのだ。
おお、なんだか偉そうだねえ。
だけどね、今年学んだテーマだったように思います。
沖縄やアメリカに限らず、
色んな場でちょんちょんと心に浮かんだ気持ちがこれでした。
本当はもっと深い物があると思っていますが、
それを書き始めると大変だから、簡潔にこのへんで。

 
どうしても心から取れない棘が一つ。
友人の作品(と私は思うけど、それを見た人はそうは思わないのかも)を
勝手に本の表紙に使われてしまったこと。
世の中には不条理が多すぎる。
この怒りをどのように処理すれば良いのか、
どうしてくれようかと思うんだけど、
陰湿なことをしても、良いコトは起きないと思う。
悔しいけど、ぐっと飲み込むのが、
後々自分に一番良いモノが与えられる道だと思うようになってきました。
今どのような行動を取るのか、それが問われているんじゃないかな。
善を選ばなきゃ、善は返ってこない。
仇を仇で返してはいけない。
難しいけどさ。


ああ、長くなったぁ。全体的に散漫だわ。ま、いっか。
ここまで読んでくれた方、いらっしゃるのかな?
私のつぶやきにお付合いくださって、どうも有難う☆
どうぞ良いクリスマスをお迎えください。

posted by mono at 13:20| Comment(0) | TrackBack(0) | デキゴト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月10日

コンサート無事終了!

聴きにいらしてくださった皆さま、有難う!
一緒に歌った方、演奏した方、運営側の方、ボランティアの方他、
皆さまお疲れさまでした〜!!

コンサート、去年より綺麗に仕上がったと思います☆
まあ、去年は去年でね、
バッハのクリスマスオラトリオを全曲演奏、しかも初めて。
兎に角力ずくで歌おう、
という情熱系での勝負でしたけどねえ。
今年は去年歌った分、若干余裕アリ。
仕上がりがずっと違っていました。
まあ、それでも結構危うい部分もあったケドね。はははっ。

今回、面白かったのは、バッハのクリスマスオラトリオの各部の間に、
ラターやハンプトンのキャロルを挟んだこと。
クラシカルなバッハの曲にスパイスとなって良かった。。。のだろうか。
未だに良いのか悪いのかちょっと判断しかねるけど、
歌う方は楽しかったです☆
Mary Had a babyが格好良かったワァ。
クラシックファンの方にはちょっと違和感を与えたかもしれないけど、
あれはあれ。とご理解頂ければ、楽しんで頂けたのでは?
泣けた〜という声も耳にしましたヨ。


すっかすさ。
今回の私の立ち位置の環境があまりよろしくなくてねえ。
後ろのご年輩のおばさま。
頑張りは認めるけどさあ。
地声を張り上げる、ピッチは合わない、
発音も微妙、強弱なしの常にmf〜f、テンポがずれる。
挙げ句の果てに、楽譜でもって私の背中を押してくるんだもの。
でさ、嫌だから横にずれたら、今度は私とお隣の方の間に楽譜を差し込んで、
前に前に出てくるんだよねえ。はうぅ。
あの美しいとは言えない歌声を
耳元で張り上げられたらタマリマセンよう。もう。
多分、ご自身は自信がおありなのだと思います。
あ〜、折角この日の為に頑張ってきたのにさっ。
歌いにくいったらありゃしない。


いや、でも。
気を取り直そう。
コンサートは多くの方にいらして頂けて、なかなか盛況でした。感謝。
収益が国際貢献に繋がるから出来るだけ多くの額を寄付したいところ。
沢山の方にいらして頂けると、寄付金も多くなるから有り難いことです。
ソリストやマエストロの国際線の飛行機の席や、宿泊は企業から賛助して頂けるし、
会場も提供して頂いているのです。
だから、収益の多くがボランティア活動に充てられるの。
クリスマスに相応しいではないですか。


あ、そういえば。
緊張すると思っていたバッハの7番、ソプラノ少人数部隊の曲ですが。
案外緊張もせず歌えました☆
ご心配くださり、有難う〜。
練習の時の方がずっと緊張しました。
指揮者がじっとこっちを見ているんだもの。
本番だとさ、オケに対しても指示しないといけないからね、
鋭いまなざしが逸れるんデス。


一番最後の「きよしこの夜」の演奏は下記の様に行われました。
1回目、カウンターテナーの青木先生によるドイツ語の独唱、
2回目、ソリストによる英語での四重奏
3回目、合唱団による日本語での合唱、
4回目、オケによる演奏、
5回目、会場&舞台全員による自分の得意とする言葉での合唱、合奏。
クリスマスムード満点でしたねえ。(*^^*)


あー、あんなに頑張ってきたのに
コンサートが終っちゃった。
寂しいなあ。
次何しようかな。
歌って踊る??
いや、踊るのは止めておこう。


聴きにいらしてくださった皆さま、本当に有難う。
楽しんで頂けたら幸いです。

また何時か何処かで。

posted by mono at 16:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 合唱 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月06日

昨日も練習でした♪

相変わらず頭の中ではオラトリオとキャロルが流れています。
気持ちが弛むと、どこでも口ずさんじゃうから困るわぁ。
昨日はバスの中、電車で、歩行中、ふんふんふんと。。。
怪しい人じゃんねえ。

あれこれと悪しき事態を想像して書かなかったのですが。
もう本番1週間を切ったから大丈夫だと思うんだけど。
短い曲なのですが、少人数でコラールを歌う曲がありまして。
えええ。ワタクシ、歌うんです。はうー。
バッハのクリスマスオラトリオ7番
Er ist auf erden〜♪
ああああ、うううう、緊張するなあ。
息が続くかどうかが問題なのね。
 音のボリュームは最後まで一定、ディクレッシェンドなし、
 頭には少しアクセント、息はレガートで!(^-^;)
カンニングブレスをしたいんだけど、どこですれば良いのやら。
昨日、ちょっと音を外したら指揮者と目が合っちゃった。うへえ。

無事に歌い終えますように。
お祈りしててねー。
posted by mono at 13:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 合唱 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月05日

call & response

合唱ネタばかりでスミマセン。
だってさ、ここ最近の私の生活は合唱を中心に回っているんだもん。

昨日はソリストさんと一緒に、ソロと合唱の歌い合わせをしました。
そんな中。
Mary had a babyがとても素敵っ!!!!!
歌いながら鳥肌がぞぞぞっ、涙腺が弛み。。。
いかんいかん。酔っては歌えんっ。冷静に、そしてパッションを持って!
なんて諫めつつもテノールのジョン・ウェズリー・ライト氏の
巧みなリードにすっかり酔いっぱなし☆
あまりにも曲の雰囲気が素敵だったので
嬉しくて顔がにやけちゃったぁ。えへへェ。

もし本番でも昨日のような雰囲気が作れたならば、
この一曲を聴きにくるだけでも価値があると思います!
あ、ちょっと気が大きくなってる?大丈夫?>私
だけど、そう言いたくなるほど、昨日は素敵な雰囲気だったの☆
そして当日は伴奏がオケですからねえ〜♪
どうなるんだろっ、どうなるんだろぉっ。

チケットを買ってくださった方、最後までちゃんと残っていてね。
この曲がトリですからっ☆
心配要素は多少あるけれども、
この曲で全て帳消しに!と目論んでいたりして。はははん。


何度も書いてしつこいけれど、
本当に昨日のMary had a babyは秀悦でした。
とても素敵だから是非聴いて欲しいです。

うおおおおおっ。
燃えるぜぃ。



■開催日時・場所

 2007年12月9日(日)
 14時開場 15時開演(終演17時半頃)
 昭和女子大学人見記念講堂(東急田園都市線 三軒茶屋駅)
 http://www.swu.ac.jp/common/access.html


■演奏曲目

 Bach: Weinachts-Oratorium I
 Rutter: Christmas Lullaby
 Hampton: I Wonder As I Wander (soprano&choir)
 Rutter: Jesus Child
  - 休憩 -
 Rutter: Candlelight Carol
 Bach: Weinachts-Oratorium II
 Rutter: Star Carol
 Bach: Weinachts-Oratorium III
 Carter: Mary Had a Baby (tenor&choir)


■出演者

 指揮  :ニール・ギトルマン(米国)
 ソプラノ:アンドレア・チェノウィス(米国)
 アルト :青木 洋也(日本)
 テノール:ジョン・ウェズリー・ライト(米国)
 バス  :エリアス・モコーレ(米国)

 管弦楽:テレマン室内管弦楽団


■チケット情報
 http://jvcconcert.blog68.fc2.com/blog-entry-43.html

 全席指定(チケット販売中)
 S:¥10,000 A:¥5,000 B:¥4,000 C:¥3,000
 ※当日券が出ます。
 ※B席が残っている様子です。
 ※事前に連絡をくだされば、私を介して当日会場入り口での引き渡しもできます。
 ※ご自分で手配する場合、極力1Fの前の席を取らないようにしてください。
  たとえ一番前になったとしても、終演まで他人のふりをしてください。



call & response;
黒人霊歌はコール&レスポンスで構成されているんですって。
そんなワケでMary had a babyも
テノールのソリストさんと合唱の掛け合いで曲が進んでいきます。


posted by mono at 12:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 合唱 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月04日

あたまいた

この2〜3週間というもの
軽い頭痛が続いていて、体調がしゃっきりしなかったんです。
このまま一生頭痛を抱えたまま生きるなんて嫌だなあ。
なんて大げさなことを考えたりして、
ずぶずぶと気持ちが沈んだりもしていたのです。
でも歌うと体調が悪いのもなくなるから、
気のせいかな?なんて思ったりもしてね。

だけど、何だか最近は喉も痛くなってきて。。。
仕方がないから意を決して病院に行ってきました。
症状を伝えて診療していただいて、お薬ゲット。
あまりにも肩と首が凝るので、
仕事帰りに整体やさんでマッサージして貰ったら、
首と肩が熱いから、熱があるかもしれませんよ。
なんて言われて、初めて気が付いた。
あたしゃあ、熱があると頭痛がするんだった。
そういや、体温を測っていない。

そんなワケで帰宅後体温を測りましたなら。
ありましたよ、微熱がっ!37.4℃!!
なぁるほど。
熱が出ていると分っていたらそれなりの対処をするのになあ。
そうしたらこんなに頭痛を抱えなくても良かったのに。
なんて己の愚かさに嘆きつつ、
病院で貰った薬を飲んで、
紅茶に生姜とはちみつを入れたものを飲み、足を温めて寝たら、
ほらこの通り!
頭痛が取れて、けろっと元気になりました☆
さあ、コンサートに向けて頑張るぞ!

教訓:頭痛がする時は先ず体温を測りましょう。


posted by mono at 08:25| Comment(0) | TrackBack(0) | デキゴト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。